一つだけこだわったこと

何もわからないながらも、私は、一つだけこだわりを持っていました。それは「住み心地」です。それまでマンション経営などしたこともなかったわけですから、私にわかることといえば、「住む側がどう感じるか」ということだけでした。当たり前ですよね。自分が今までその立場にいたわけですから。そんなこんなで、収納部分を広くしてもらうことと、排水管の傾斜を多めに取ってもらうことを注文しました。排水管は、持ち家でなければ多くの人がいろんなものを流してしまいます。それを考えて、傾斜を大きく取って詰まりにくいものにしてもらったというわけです。このほか、たとえば聞取りゃ壁面などのハlド面はすべて設計士に任せました。従兄弟は「叩年聞は寝ていてもいいものをつくるから、安心して昼寝でもしていていいよ」と言ずさんつてくれました。あまりに杜撰な設計ですと、建った当初から不具合が見つかるケlスもあると聞きます。また、手抜き工事で水漏れや傾きなどが問題になったりします。それでは、オーナーは対応に追われて寝ている時間などありません。従兄弟は、そんなことがこの先m年聞は絶対にないようにと、細心の注意を払ってくれたのです。従兄弟とはいえ、信頼できる設計士に任せることができたのは本当にありがたいことでした。

Leave a Reply