業者とは基本コンセプトの共有が第一

この会社は、地元でもなく、銀行や建築会社からの紹介でもありません。私はあまりそうしたことに縛られる必要はないと思います。そうした「形」にこだわってしまうと、かえって本当に大事なものが見えなくなってしまうような気がします。自分がどんなマンションを建てようと思っているのか、そして入居者にどんな生活を提供したいと思っているのか。こちらが考えている基本コンセプトを理解してくれるところのほうが、長い目で見ても、最良のパートナーになり得るのではないでしょうか。実はこのほかにも、契約の決め手になったことがありました。それは、この仲介業者は老舗ではありますが、社員が却名ほどと、そう大きな規模ではない点です。社員も多くて扱っている物件も多岐にわたる場合だと、マンションの名前を言っても知らない社員が出てくるかもしれません。でも、加名くらいなら全員、うちのマンションの存在を知ってもらうことができます。鶏口となるも牛後となるなかれ。入居者が何かのときに問合せをしてきた場合、社員誰もがすぐに「ああ、あそこのマンションだな」とわかる。そのことが、会社の規模よりも大事なのではないかと考えました。この業者は、ずっと継続してお付き合いをしています。今から考えると、何も知らないからこそ、度胸で決めることができたのではないかと思っています。

Leave a Reply